色合い
文字サイズ
活動報告・発行広報物

文京歩こう会・5月14日例会報告

文京歩こう会
  • 東京23区
  • 福祉・健康(高齢者/障害者/その他)
  • 文化(芸術/スポーツ/教育/その他)
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5月になりました。ゴールデンウィーク明けから一気に夏日になるような日も見られ、体が暑さに慣れないうちは熱中症対策も必要となる気候です。ニュースを見ると気が滅入ってしまうような日が続いていますが、今日は澄み渡る初夏の青空のもと、社会的距離を保ちつつ、気持ちの良い風を浴びながら今月の例会を実施しました。
今回も江東区のウオーキングコースで、門前仲町駅から豊洲駅まで、川沿いにある遊歩道や公園の道がメインです。
門前仲町駅を出発し、南にある古石場川親水公園に入ります。中央をゆっくりと流れる小川沿いに遊歩道が整備され、子連れの方のお散歩コースにもなっているようです。公園内に牡丹園が作られており、公園付近で見た地名「江東区牡丹」にちなんだ園と納得しました。花が咲く頃にまた歩いてみたい場所です。
さらに進んで晴海運河にある越中島公園へ。佃島の高層マンション群を見ながら木陰で小休止しました。川沿いは気持ち良い風が吹き、視界も開けていて絶好の休憩場所でした。その後相生橋を渡って月島へ入ります。高架になっている朝潮大橋からは広く周囲を見渡せられ、ゴール近くのショッピングモールも川向うに見つけられました。
本日最後の橋、晴海橋を渡りその名も晴海橋公園に入ります。こちらも水辺近くなので風を気持ちよく感じて歩くことができます。休業を余儀なくされているショッピングモールですが周辺には遊具のある公園が整備されており、小さい子供を連れた家族の人出が見られました。ここにも早く人々の姿が戻ってくることを願いつつ、ゴールまであと少しの道を歩きます。
全行程およそ5km、11時20分くらいにゴールの豊洲駅に到着しました。お疲れ様でした!次回は6/11(木)江東区コースを歩きます。コロナに負けないよう、歩いて抵抗力を培いましょう。皆さまのご参加お待ちしています。