色合い
文字サイズ
お知らせ

ラダック初のオルタナティブ大学設立に向けて、募金を募集中です!

NPO法人ジュレー・ラダック
  • 海外
  • 文化(芸術/スポーツ/教育/その他)
  • 環境
  • 国際・人権・男女共同

ラダック初のオルタナティブ大学設立に向けて、募金を募集中です!


オルタナティブ大学計画 設立者ソナム・ワンチュク

ジュレー・ラダックの現地パートナーでもあるSECMOL、
世界的に有名な代表のソナム・ワンチュクさんからの呼びかけをシェアさせていただきます。

先日ソナムさんは、
以前ジュレー・ラダックでも紹介させていただいた、ラダックの水不足を解決する人工氷河の功績により、
より良い世界作りに尽力する人々に贈られる「ロレックス・アワード2016」を受賞しました。
彼はさらに、ヒマラヤ内外の人々に向けたオルタナティブ大学を設立しようと現在奮闘中です。

以下は、クラウドファンディングの一部を翻訳したものです。
詳細→https://milaap.org/fundraisers/hial(英文)
※クラウドファンディングの締切日が1月31日までに延期されました!

—————————————————
次世代の学びの革命に参加しよう!

ジャム・カシミール州のNaeem Akhtar(ナエーム・アクタール) 教育大臣は11月25日ニューデリーにおいて、ラダック・ヒマラヤ・オルタナティブ大学(研究所)(The Himalayan Institute of Alternatives, Ladakhのためのクラウドファウンディングキャンペーンに乗り出した。そして、ナエーム大臣は州政府からの出来る限りの援助を約束した。

ソナム・ワンチュックは話しの中で、ロレックス賞(the Rolex Awards for Enterprise)の賞金が、この大学のプロジェクトのシードマネー(立ち上げ資金) として貢献することを、次世代の学びの革命(Next Learning Revolution)が発表したことを伝えた。この賞金は、氷の卒塔婆Ice Stupa Artificial Glaciersを使い砂漠化した土地を緑化することに使われることとなる。

私たちの周りにあるすべてのものはここ150年で激しく変化しました。馬の背にまたがり旅をしていたのが、飛行機を使うようになり、伝書鳩を使い手紙を出していたのが、Eメールやスマートフォンで全てが事足りるようになりました。しかし、私たちの学校や大学、教室において変わったことは殆どありません。黒板にチョークを使い、講義は会話で行われる。そして紙…紙の上の知識、紙の上の評価、紙の上の学位。すべては紙だらけ。紙のように薄弱で、そして、空想的だ。そこでは、現実の世界における現実の生活を送るための準備をすることが殆どできない。

卒業生たちが、私たちの学校や大学から学位をもらうが雇用を得られないことは、様々な研究からもわかっていることだ。企業は、しばしば新規卒業生を再教育することに費用を割くことになる。

実利的な大学がないラダックにおいて、状況はもっと深刻だ。ジャンムーやチャンディガールといった都市への若者の流出が激しい。こういった都市において、彼らは教育難民となり、本来の彼ら自身の生活に関することを殆ど学ぶことがないために、故郷の山岳環境にうまく適応できない。

チベット仏教のスピリチュアルリーダーであるDrikung Kyabgon Chetsang Rinpochey からの祝福とサポートを受けながら、SECMOL(the Student’s Educational and Cultural Movement Of Ladakh / ラダックの学生のための教育・文化運動)は、山岳開発のためのオルタナティブな大学を設立することを提案した。

ラダック自治政府のレー地域評議会(The government of Ladakh Autonomous Hill Council Leh) は200エーカーのピャン 砂漠にある土地をそのために向けることで、この活動を援助している。そして既にこの砂漠には、有名な氷の卒塔婆の技術を使うことによって、緑がよみがえってきている。

こんにちは。私は、インド極北に位置し、美しいトランスヒマラヤにあるチベット高原の砂漠、ラダック出身のソナム・ワンチュクです。
私は機械技術者ですが、25年間地域の教育改革に携わってきました。
この教育改革は、地域の教育や環境問題に対する革新的な問題解決に貢献することで知られているSECMOLのオルタナティブスクールの創設に関するものでもあります。

私は最近、氷の卒塔婆でロレックス賞を受賞しました。
そして、賞金の中の1千万ルピーをラダックのオルタナティブスクールの設立に充てることに決めました。

ラダック・ヒマラヤ・オルタナティブ大学(研究所)

The Himalayan Institute of Alternatives, Ladakh (HIAL)

HIALは、山岳地帯にすむ人々が直面する諸問題―特に教育、文化、環境―に立ち向かうために、ヒマラヤ山脈に位置する様々な国の若者たちを研究開発に巻き込みます。SECMOLのように、この大学は、堅苦しい独創性に欠けた思考習慣を打ちこわし、人々の生活に関わりあいを持った、実用的な知へのアプローチを通して学習することを目的としています。

さあ!世界で初めての例となり、志を共にする人々の手本となるオルタナティブな山岳大学の設立に手を取りあって参加しましょう!

サポートの額は問題になりません。10ドル?10,000ドル?いいえ、あなたの想いこそが一番の貢献なのです。あなたの貢献がすぐに目に見えて現れるのは難しいかもしれません。しかし、このオルタナティブな大学が設立され、世界の殆どのメインストリームの開発機関、すなわち政府やその他の主要機関に採用され、「オルタナティブ」でなくなるための、10億ドルにも続く援助の道は、あなたの心からの10ドルから始まるのです。

もし、あなたが私たちのしていることを信じてくれるのならば、あなたの友人や知人にこのストーリーを伝えて下さい。これは、資金集めであるのと同時に、人々の意識を目覚めさせ向上させるキャンペーンでもあるのです。

このフィルムを上映し、問題に対する意識を向上させるディスカッションを始めるイベントを開催するのもいいでしょう。そしてこの活動は、あなたをHIALの大使にするでしょう。

活動を推進したい方は、私たちと知り合いになりましょう!メールアドレスはinfo@hial.co.inです。

貢献のためには、デビットやクレジットカードを使用することをお勧めします。インドのデビットカードをお持ちの方は、送金費用がかかりませんが、その他の方は2.5%の送金費用がかかります。Milaapは手数料を放棄することを取り決めたため、 HIALはあなたの貢献を完全に受けることができます。私たちの活動は、NDTV、The Logical Indian、The Wireでも紹介されました。

クラウドファンディング詳細
https://milaap.org/fundraisers/hial

活動日時 随時
活動地域・場所 オルタナティブ大学設立はインド北部ラダックのピャン村
支援しているNPO法人ジュレー・ラダックは東京都文京区小石川に事務所があります。
対象者 どなたでも
定員 特になし
費用 ドネーション制
ご自身で任意の額をお支払いください。
いただいた会費は全額ヒマラヤンオルタナティブ大学設立支援として現地団体に寄付いたします。
依頼・申込方法 特定非営利活動法人ジュレー・ラダック
〒112-0002 東京都文京区小石川3-4-14
Tel :03-3812-3866
Fax :03-3815-7951
E-mail:julayladakh@gmail.com
までご連絡ください。
資料・パンフレット
問い合わせ先 特定非営利活動法人ジュレー・ラダック
〒112-0002 東京都文京区小石川3-4-14
Tel :03-3812-3866
Fax :03-3815-7951
E-mail:julayladakh@gmail.com
までご連絡ください。
関連URL http://julayladakh.org/?p=2745

http://julayladakh.org/?p=3095

見樹院(ジュレーラダック事務所)