色合い
文字サイズ
イベント

第24回公開フォラム「災害をのり越える林業と木の建築」

NPO木の建築フォラム
  • 本富士地区
  • 文化(芸術/スポーツ/教育/その他)
  • 環境
  • まちづくり・安全

今後、台風や集中豪雨による水害の多発が予測される中で、被害が相次いでいる豪雨水害。

土砂崩れと大量の流木による被害の増大も指摘されており、成熟期を迎えた日本の人工林の保全と利用、森林の防災と災害復興に果たすべき役割について考えます。



昨年(2017年)の九州北部豪雨水害(朝倉水害)での被害などを例にあげ、災害における林業と木材と建築の課題を明らかにしたいと思います。

<プログラム(予定)>

 「治山治水からみた森林の変遷とこれからの森づくり」  太田猛彦(東京大学名誉教授) 

 「成熟期を迎えた人工林と林産業の課題」        速水亨(速水林業代表)

 「製材業の立場から朝倉水害について考えること」    杉岡世邦(杉岡製材所)



 「復興支援とアート 朝倉水害流木再生プロジェクト」  

                      知足美加子(彫刻家、九州大学芸術工学研究院准教授

 「東日本大震災における木材を活用した復興住宅の取組」 安藤邦廣(建築家、筑波大学名誉教授)

<パネルディスカッション>

 コーディネーター:槌本敬大(国立研究開発法人 建築研究所)

 パネリスト:太田猛彦、速水亨、杉岡世邦、知足美加子、安藤邦廣  

※終了後、登壇者を交えた懇親会が開催されますので、奮ってご参加ください。

(参加費 5,000円予定)

日程
  • 2018年06月03日(日)
時間 14時40分から18時まで
会場 東京大学弥生講堂・一条ホール
東京都文京区弥生1-1-1
対象者 建築関係者、林業関係者、関心のある方どなたでもご参加ください。
定員 200名
費用 参加無料 希望者に資料集を販売します。2,000円(予定)
申込方法 申込書をご記入の上、FAXまたはメールで事務局までご送信ください。当日来場可。
申込締切 直前まで受付いたします。6月1日17時以降は、事務局が閉局の為、受付のご連絡を差し上げることができませんので、当日ご来場ください。
資料・パンフレット
問い合わせ先 【問い合わせ先】
NPO木の建築フォラム事務局
〒112-0004 東京都文京区後楽1-7-12 林友ビル4階
電話:03-5840-6405 FAX:03-5840-6406
Email:office@forum.or.jp
関連URL http://www.forum.or.jp/

会場地図 南北線「東大前」下車徒歩1分