色合い
文字サイズ
重要なお知らせ

令和4年度(2022年度)Bチャレ(提案公募型協働事業)新たなつながり部門 募集のお知らせ

2021年11月12日 掲載

文京区社会福祉協議会(以下、文社協)は、地域連携ステーション フミコム(以下、フミコム)の目的である「新たなつながりを創出し、地域の活性化や地域課題の解決を図るための協働の拠点」の体現化を目指しています。「Bチャレ」では、ボランティア・NPO・企業・行政・学生(学校)・ソーシャルビジネス等による地域課題解決の事業、解決に向けて協働をするためのチャレンジに対する活動に助成します。

※事業愛称として、文京(Bunkyo)の「B」、チャレンジの「チャレ」から「Bチャレ」としました。


【助成部門変更のお知らせ】

令和4年度より、Bチャレは以下の2部門で募集を行います。

◆新たなつながり部門

 ・目的:事業を通して地域課題の周知・理解者を増やす
 ・募集期間:令和3年12月1日(水)〜令和4年1月31日(月)

◆チャレンジ部門

 ・目的:(1)イベント等を実施することで、想定している課題が本当に文京区の課題なのかを検証する
     (2)地域での活動実績をつくる
 ・募集期間:令和4年4月1日(金)〜令和4年11月30日(水)
 *チャレンジ部門に関するお知らせは令和4年2月頃に改めて行います

【助成対象となる団体】

区内を活動対象としている任意団体・NPO法人・一般社団法人・企業等とします。
なお、区内での活動実績がない団体であっても、区外での活動実績があり、区内を対象とした活動を展開する団体であれば助成対象とします。

【助成内容】

1.助成期間

令和4年(2022年)4月1日~令和5年(2023年)2月28日までに実施する事業

2.助成部門

新たなつながり部門

区や文社協が把握し、年度ごとに設定した地域課題に関して、その解決に向けた礎を築くために理解者を増やすことを目指し、地域・区と連携・協働する事業への助成

 ○助成要件

 次に掲げる重点テーマのいずれかに則した事業であること
 1. 町会・自治会の継続的な運営をICT等でサポートする活動
 2. 文化芸術に、誰もが参加でき、触れられる機会を増やす活動
 3. 男性高齢者の継続的な参加につながる取り組みを創出する活動
 4. オーラルフレイル予防に気軽、かつ主体的に取り組める地域の仕組みづくりを行う活動
 5. ひきこもり当事者の中間的就労につながる体験を創出する活動
 6. 家庭のCO2排出削減を進めるための活動
 7. オンラインが有効な不登校児童・生徒の社会参画の機会をサポートする活動
 8. その他、団体の専門性を生かしたテーマで提案された取り組み

 ○助成金額

 1事業当たり 上限100万円/年度

 ○事業実施年度

 当該年度の4月から2月までの期間とする(最大3年まで継続可能)

3.助成金の総額

300万円


4.対象経費

申請事業に関わる経費

※対象とならない経費
1.継続的に使用している器具什器等の買い替え費用
2.相場価格以上の講師謝礼金
3.助成対象経費とすることが適当でないと会長が認める経費


【応募方法】

フミコムにご来所(またはオンライン)にて提案内容を協議後、エントリーシート一式をデータでお渡しします。
エントリー期間内に、エントリーシート一式、その他必要書類を添えて提出してください。
なお、ご来所の際はご予約をお願いします。


【エントリー期間】

令和3年12月1日(水)〜令和4年1月31日(月)
助成決定は、審査委員会を経て令和4年3月下旬に公表いたします

【提出書類】

1. 「新たなつながり部門」エントリーシート一式
2. その他フミコムが必要だと判断した書類(パンフレット、会計報告など)

【審査基準】

団体からのエントリーシートを受けて、文京区と社会福祉協議会で、下記の項目について審査を行います。

1. 実施内容
  団体が取り組みたい課題は、文京区のニーズを捉えられて、明確なものか
2. 事業の目的・概要
 解決したい地域課題の解決に向けたものとして合致しているか
3.対象の明確さ
  対象が明確であり、文京区で取り組む必要があるか
4.実効性
  事業スケジュールは実現可能であり、概要に沿った内容になっているか
5.将来性
  Bチャレを実施することで、今後の波及性も含めて展開が見込めるか
6.費用の妥当性
  実施に必要な費用が積算されており、妥当性があるか
7.実施体制
  事業実施に必要な実施体制か、また関係図には他者が見て理解しやすい状態になっているか
8.取り組みへの意欲
  実績、熱意を含めて、Bチャレに取り組む意欲を担当者から感じるか

【成果報告】

事業年度が開始した4月にスタートアップ会議を実施し、関係課と共に成果指標を設定します。
9月にはそれを踏まえた中間報告会を実施し、更に助成事業終了時に、所定の様式にて成果に向けた取り組み内容を報告いただきます。

【団体の役割】

1.事業における課題を明確化、根拠となる説明、データの収集
2.事業実施前と実施後の変化の仮説を立てた上での事業の組み立て
3.協働相手との連携・調整も含めた主体的なチャレンジによる事業実施
4.報告書の作成

【フミコムの役割】

1.団体から事前に相談を受け、事業内容のブラッシュアップ
2.事業開始から成果報告までの「進捗」の伴走支援
3.中間報告及び成果報告の支援
4.団体の成果を区内外へ積極的に発信

【事業スケジュール】

●令和3年[2021年]
 12月1日(水)申請受付開始
 12月4日(土)事業説明会&ワークショップ

●令和4年[2022年]
 1月31日(月)募集締切
 2月 書類審査
 3月 審査委員会・採択団体の決定
 4月 事業開始
 9月 中間報告会

●令和5年[2023年]
 2月 事業終了
 3月 活動報告会

- - - - - - - -

●PDFでの募集要綱はこちら

●令和3年(2021年)度の実施団体概要はこちら
*過去のBチャレ助成団体についてはフミコムホームページでもご覧いただけます

- - - - - - - -

【Bチャレ事業説明会&ワークショップ】

◆日時:令和3年12月4日(土)10:00~12:00

◆場所:地域連携ステーション フミコム C-base
 *第1部説明会のみオンライン参加可能・説明部分のみ後日オンライン上で公開

◆対象:・新たなつながり部門への応募を検討されている方
    ・新しくなったBチャレの概要について知りたい方

◆定員:12名(先着順)*感染症拡大等の状況を踏まえて変更することがあります

◆目標:①参加者がスムーズにエントリーシートを提出できるようになっている
    ②参加者同士が、自身やお互いの活動の魅力に気付く

◆内容:第1部 説明会+質疑応答(10:00~10:40)

    第2部 交流会(10:45~最大12:00)

*詳細についてはこちらのページをご覧ください

*本説明会に出席されなくてもエントリーは可能ですが、エントリーをお考えの方は可能な限り出席をお願いします。