色合い
文字サイズ
重要なお知らせ

令和4年度 Bチャレ(提案公募型協働事業)チャレンジ部門 助成団体が一部決定しました

2022年07月07日 掲載

文京区社会福祉協議会が公募したBチャレ(提案公募型協働事業)「チャレンジ部門」について、審査の結果、下記3団体への助成を決定しました。

団体のチャレンジの様子は、どっとフミコムやフミコムのFacebookページなどで発信していきます。

チャレンジ部門

団体名 事業名・事業概要

いちごの会

事業名:いちごの会「ノールック運動会」実施による文京区内での周知活動

筑波大学附属視覚特別支援学校の児童と保護者によって開催してきた交流の機会を、文京区内の団体・ボランティア参加者と一緒に「ノールック運動会」(見ることを必要としない競技の体験)を行うことで、地域の障害理解を促進する。

千石ブックメルカード

事業名:千石ブックメルカード 一箱古本市 in 千石

2019年に行った一箱古本市から発展して、千石エリアの地縁づくりとなるようなイベントを、区内の出版社や店舗と連携して行う。イベントに関わるデザイン・運営・事前ワークショップなどを通じて、これまで地域と関わることが無かった方の地域参加の機会を提供する。

藍染大通り遊戯道路指定50周年記念誌編集委員会

事業名:藍染大通り遊戯道路指定50周年記念誌

遊戯道路として記念となる年に、「世代を超えた地域コミュニティの拠点」という価値を、まちづくり等の専門家を含む有志メンバーにより、地域の町会等と協力しながら冊子を制作する。


Bチャレ(提案公募型協働事業)とは
区民や団体による地域課題の解決や地域活性化に向けたチャレンジを、NPO・企業・行政・教育機関などと協働で実施することへの応援事業です。
「チャレンジ部門」では、地域の団体等が、自らが文京区の地域課題だと考えるテーマの検証を目指して行うイベント、あるいはキャンペーン事業への助成を行っています。
※Bチャレ:文京(Bunkyo)の「B」、チャレンジの「チャレ」から命名した事業愛称です。